飲み薬のプロペシアで抜け毛予防

AGAという男性型脱毛症の治療薬として期待されているプロペシアは、頭皮に塗布して使うタイプの治療薬ではなく飲み薬として利用します。
その為に周囲に育毛剤の香りが伝わってしまうのではないかと不安に思う必要もなく、周りに男性型脱毛症の治療をしている事がバレにくいという利点があり、コンプレックスを感じているという方にとっても画期的な治療薬です。
薬の個人輸入を代行するネット通販でもプロペシアを入手する事が出来る為、プロペシアを購入した事すら家族にバレる心配をする必要がありません。
プロペシアはフィナステリドという有効成分が抜け毛予防に効果を発揮してくれて、男性脱毛症の原因となるジヒドロテストロンというホルモンを減らす事が出来ます。
その仕組みとしてはジヒドロテストロンを直接的に減らすのではなく、ジヒドロテストロンを生成する原因となるテストステロンの増加を抑制してくれるのがプロペシアです。
抜け毛が増えてきたという方の中には頭皮に皮脂が詰まっている事が原因ではなく、ジヒドロテストロンが増えている事が原因の可能性もあると考えて、プロペシアに初めて興味を持ったという方も年々増えてきています。
人間のホルモンバランスに作用する治療薬ですから副作用も僅かにあり、精液の減少や性欲の減退といった症状が現れると言われているのです。
しかし副作用が表れたと感じる人自体がプロペシアを利用した人の割合から見ると低いもので、副作用が表れたという方も直ぐに症状が治まったという方も多ければ、プロペシアを利用し続ける事で副作用に一定の耐性が出来たという言う人も居ます。
これこそが安心して利用出来るAGA治療薬としてプロペシアが評価されている理由と言えるでしょう。
頭皮に塗布するタイプの育毛剤との併用もしやすいというのも、副作用が小さいプロペシアだからこそ得られるメリットです。
男性型脱毛症を治療する為にプロペシアを服用する事になった時に、今まで利用していた育毛剤を捨てなければいけなくなったという事もありません。
プロペシアが本当に自分にも効果があるのかと心配な人の為に、現在ではプロペシアを投与する前に遺伝子診断を受けている方も多いです。
抜け毛の治療を行っている医療機関であれば遺伝子診断にも対応しているところが沢山あるので、自分自身の判断だけで男性型脱毛症の治療を始める事に不安を覚えている方は、まずは医療機関を頼る事で自分に合った治療方法をご確認ください。