プロペシアを通販で安く購入する方法

悩んでいる人は多い

薄毛が気になり始めてる中年男性

人間というのは非常に多くの悩みを持っています。その中でも性別独自の悩みと言うものを持つこともあります。

性別独自の悩みというのは自分と同じ性別の人にしか分かってもらえず、治療しようと思ってもなかなか治療に踏み出せない、と言うものも非常に多くあります。その代表例として「薄毛」というものがあります。

薄毛というのはその名称の通り、毛が薄くなる症状です。

本来ならフサフサと草のように頭に生えているはずの髪が年月とともに薄くなっていく、頭頂部がスカスカになっている……そのような症状を「薄毛」と呼びます。

薄毛の原因となるものは非常に多く、ストレスや生活習慣のようなものから、物理的に抜けてしまって生えてこない、というようなものまで非常に幅広い原因がありますが、実はその原因の中には「脱毛症」と呼ばれる病気が存在しているのです。

この脱毛症という病気になってしまった場合、自分では知らない間に髪の毛がどんどん薄くなっていき、ある日手櫛で髪をサッとかき分けると、以前のように髪を捉えたような感覚がなく、スカッ……とした、空気をつかむような手触りになっている、という状態になって初めて症状が発覚するのです。

男性独自の脱毛症

男性独自の脱毛症について解説する医者

脱毛症と呼ばれる髪が抜けてしまう病気ですが、この病気は大きく2つのものが存在しています。

1つは円形脱毛症と呼ばれる病気で、この病気はストレス等が原因で髪が抜け始め、頭の至る所に10円玉や500円玉と同じような大きさの円形状の「ハゲ」が出来てしまう症状です。

この症状というのは実は男女問わず発症する症状で、非常に多くの人がこの円形脱毛症に悩んでいます。

そして、もう1つの脱毛症に「AGA」というものがあります。

このAGAというのは正式には「andorogenetic alopecia」という名称の脱毛症で、日本語では「男性型脱毛症」と呼ばれる、思春期を終えた男性であれば誰もが発症する恐れのある脱毛症です。

そして、このAGAは「男性型」と書いてある通り、女性の発症者が存在しない、という特徴があります。

ですが、これは「ただ単にAGAと呼ばれる名称の脱毛症になる女性が居ない」というだけで、AGAと同じような症状で、女性のみが発症する脱毛症は存在しています。

その脱毛症というのは「女性男性型脱毛症(Female AGA)」と呼ばれる症状です。

この女性男性型脱毛症になると、特に髪が抜けて細くなるような脱毛の症状が現れるわけではないのですが、毛髪の太さが細くなっていき、頭全体が非常に薄く見えるようになる、という症状が「女性男性型脱毛症」の特徴です。

気がついたら髪が薄く

髪がすっかり薄くなってしまった男

AGAの症状というのは非常に特徴的な症状となっています。

その症状というのは「気がついたら髪が薄くなっている」というものです。

通常の脱毛症の場合、同じ部位から髪がまるで引き抜かれたようにごっそりと抜け落ちる為、抜けた瞬間に「うわ!」と驚いてしまう程に一気に禿げていきます。

ですが、AGAというのはパッと見そこまで禿げているようには見えないのです。

その理由として、AGAの進行は「髪の成長サイクル」と言うものに非常に密接な関係があるからです。

本来髪の毛というのは徐々に伸びていき、ある程度長くなったらそこで成長が止まり、徐々に抜けていき、また新しい髪が成長していって……というようなサイクルで成長していきます。

ですが、AGAになると、体内で「髪の成長を止めるホルモン」というものが作られます。

このホルモンが毛根に作用し、本来であればまだ成長サイクル中である髪の成長が止まってしまいます。

そうなると髪が成長する期間が短くなり、そのまま髪が抜ける時期に突入、髪が抜けてまた成長を始め、ホルモンが成長を止めて……というサイクルで徐々に髪が抜け落ちていくのです。

その為、抜け始めの時期は「最近抜け毛が酷いな」という風に思う程度ですが、そこからある程度時期が経ってAGAが進行すると、成長サイクルの短くなった髪が一斉に抜け始め、気がつくと髪の毛がごっそりと無くなり、手櫛で髪を梳いたときに、まるで空気をつかもうとしたような感覚がしてしまうのです。

まずは専門クリニックで

専門クリニックでの診察を勧める医者

一度発症するとあっという間に髪がなくなってしまう、非常に恐ろしいAGAですが、この症状にもし今悩んでいるのなら、まずは一度専門のクリニックである「AGAクリニック」という場所に行ってみましょう。

このAGAクリニックというのは、その名称の通りAGAを専門に診察しているクリニックです。

そして、多くのAGAクリニックが「男性専門クリニック」を掲げている為、薄毛に悩む悲しい男性でも非常に利用しやすく、気軽に髪についての相談を行えるようになっています。

そして、このAGAクリニックではまず「本当にAGAなのか」というのを調べるために、血液検査を行います。

そうすることにより、AGAの原因となるホルモンが体内に存在しているのか、というのを調べる事が出来るのです。

また、AGA治療に使用する薬を使用しても問題がないか、治療薬が有効なのか、というのを調べるためにも血液検査が行われるので、この血液検査を行うかどうかでAGA治療が行えるかどうか、というのも分かるのです。

検査を行った後に実際に治療を行うかどうか、というのを決めることが出来るクリニックも多数存在しているので、もし検査を行ったらそのまま治療をしないといけないんじゃないか、と思っていて検査に踏み切れないという人は、まずは検査だけでも出来るAGAクリニックを探し、実際に検査を受けてみましょう。

プロペシアで治療しよう!

AGA治療にはこの薬!

プロペシア

髪が薄くなった時、多くの人は頭皮をマッサージして髪の発育を促したり、髪に良いとされている食べ物を食べてみたりと、非常に様々な方法での育毛を試みます。

一般的な薄毛の場合、これらの方法で髪を元の状態に戻すことが出来る場合もありますが、AGAの場合はこれらの行為というのはあまり効果がありません。

その理由として、AGAというのは、体内に存在しているAGAの原因となるホルモンが毛根の成長を止めてしまう事によって発生する薄毛だからです。

なので、もしもAGAを治療したいと思っているのであれば専用の治療薬を使用する必要があります。

AGA治療薬はいくつか有名なものが存在していますが、それらの中でも特に人気の高い物に「プロペシア」というものがあります。

このプロペシアというのは、海外の大手製薬メーカーである「メルク」という企業が開発したAGA治療用育毛剤で、日本では「MSD株式会社」という、メルクの子会社が販売を行っています。

このプロペシアは元々前立腺肥大や前立腺がんの治療に利用される「プロスカー」という名称の薬として利用されていました。

ですが、服用している人の中に「服用を始めてから薄毛が治った」という人が現れ始めたことをきっかけに、もしかしたらプロスカーは薄毛の治療に使用できるのではないか、という意見が現れ始め、研究を進めていった結果、AGA治療用育毛剤として販売されるようになったのです。

ノコギリヤシから生まれた成分

ノコギリヤシ

AGA治療薬であるプロペシアは「フィナステリド」と呼ばれる成分が主成分となっています、

このフィナステリドという成分ですが、これが元々「プロスカー」と呼ばれる、先述した前立腺肥大や前立腺がんの治療に使用されていた医薬品の中に含まれていた成分です。

このフィナステリドはアメリカの砂漠地帯に多数存在している「ノコギリパルメット」と呼ばれるヤシ科の植物の果実に含まれている成分を抽出することによって作られる物質を基に作られた化学合成品です。

そして、このフィナステリドは過去には「筋肉増強効果のある医薬品を隠蔽する効果がある」と言われたこともあり、ドーピング剤として扱われていたこともあります。

その為、ドーピングをしてしまうと大会に出場できなくなってしまうスポーツ選手などはAGA治療の際にフィナステリドを含むプロペシアを使用できなかったのですが、現在では検査技術の向上により、フィナステリドを服用したとしても筋肉増強効果のある医薬品を服用したことが分かるようになった為、AGAに悩むスポーツ選手も安心して治療に取り組めるようになりました。

どのような症状に効くのか

プロペシアについて解説する医者

優れたAGA治療薬であるプロペシアですが、具体的に服用することによってどのような効果があるのか、というのを知りたいという人もいるでしょう。

プロペシアを服用する効果というのは非常にシンプルで、「AGAによって生えなくなった髪がまた生えるようになる」というものです。

注意しないといけない点として「AGA以外の原因によって薄毛になった人の髪は生えない可能性がある」という点があります。

その為、ストレス等によって円形脱毛症などの症状を発症してしまった人がプロペシアを服用したとしても、プロペシアが作用して再度髪が生えてくるようになる可能性というのはそこまで高くは無いのです。

なので、もしAGA以外の要素が原因で薄毛になってしまっているのであれば、その症状に対応した治療方法や治療薬などを利用し、薄毛治療に取り組むようにしましょう。

ホルモンの変化を抑制します

ホルモンの変化を抑制を説明する医者

プロペシアを服用することによってAGAの治療が行えますが、その作用メカニズムというのは非常に難しいものになっています。

AGAになると髪が薄くなってしまう原因は、先述したように「髪の成長を止めてしまうホルモンが毛根の成長を止めてしまう」というものです。

そのホルモンというのは、本来は通常の男性ホルモンなのです。

人間の体内に存在している男性ホルモンの中には「テストステロン」というものが存在しているのですが、AGAを発症するとこのテストステロンと「5α-還元酵素」という別の男性ホルモンが結合し、その結果「ジヒドロテストステロン」という別のホルモンが生成されます。

このジヒドロテストステロンというのが、髪の成長を止めてしまうホルモンと言われていて、このジヒドロテストステロンが体内で生成されると、毛根の成長サイクルを短くするように指示を出していきます。

その結果、本来は長く伸びるはずだった髪の成長が停止してしまい、その後髪が抜ける時期になると髪が急激に抜け始め、薄くなり始めるのです。

そして、プロペシアに含まれる「フィナステリド」は、テストステロンがジヒドロテストステロンになる際に必要となる「5α-還元酵素」を阻害する「5α-還元酵素阻害薬」と呼ばれる物で、服用することによって5α-還元酵素とテストステロンが結合してジヒドロテストステロンになるのを防ぎます。

そうすることによって、今よりも髪が薄くなるのを防止し、新たに生えてくる髪を健康なものにしつつ、AGAを治療することが出来るのです。

服用前に知っておこう!

抜けても気にしない

初期脱毛状態の男

AGA治療のためにプロペシアを服用し始めた人の多くが「なんでこんなことに……」と、非常に強い悲しみに暮れる症状があります。

それは「プロペシアを飲んだのに髪が抜ける」という症状です。

多くの人はAGAで髪が薄くなるのを防ぐためにプロペシアを服用するのに、飲めば飲むほど髪がバラバラと抜け落ち、今までは少しだけでも存在していた髪が完全になくなってしまう、ということもあるこの非常に悲しい症状……実はこれは「初期脱毛」と呼ばれる症状なのです。

この初期脱毛というのは、AGA治療薬を服用することによって今まで成長サイクルが止まっていた髪がひとまず全て抜け落ち、その後新たな髪が生えてくる際に必ず起こる症状なのです。

その為、この初期脱毛が起こるということは着実に髪が生えてきている、という証拠でもあるのですが、多くの人が「飲んでも髪が薄くなるなら、もう飲まないほうがいい」という風に思ってしまい、服薬をやめてしまいます。

ですが、この段階で服薬をやめてしまうとAGA治療はできず、症状は進行する一方となります。

なので、初期脱毛が起こったからと言ってプロペシアを服用するのを辞めること無く、継続して服用を続けていくようにしましょう。

決まった時間に飲もう

決まった時間に薬を服用する男

プロペシアを使用する際には「毎日決まった時間に服薬をする」と言うことを覚えておきましょう。

プロペシアは同じ時間に服用することによって体内に常に薬効成分が存在する状態を作り出し、AGAの症状が進行するのを予防する効果があります。

また、服用回数は1日1回1錠となっているので、AGAの症状を早く治したいから、と言って1日の服用回数や服用量を増やすなどすること無く、きちんと用法用量を守りながら服用するようにしましょう。

また、服用する際には特に食事制限などが存在している訳ではありませんが、薬品というのはお茶に含まれる「タンニン」によって、吸収が抑制される物も存在しています。

プロペシアは嬉しいことに、タンニンによって吸収が大幅に阻害される種類の医薬品ではありませんが、もし確実に体に吸収させてしっかりと薬効を行き渡らせたい、という風に思っているのであれば、プロペシアを服用する際には水や白湯、ぬるま湯などの「中に何も成分が含まれない飲み物」を利用して服用するようにしましょう。

とにかく継続しよう

継続の大事さを指摘する医者

プロペシアを服用する際の注意点として、最も大切なものに「継続して服用する」というものがあります。

多くの人がプロペシアを服用して髪を取り戻す際、頭のなかで「飲み始めてから数日で徐々に髪が元に戻ってくる」という風に思っていますが、実際には「服用し始めてから6ヶ月経過した頃から元に戻り始める」ので、服用してすぐの頃を髪が生えてきている、という実感が殆ど湧きません。

そればかりか、先述した「初期脱毛」と呼ばれる症状が服用開始後1~2ヶ月の間に起こり始める為、多くの人は「飲んでも一向に生えない」という風に思ってしまい、髪が抜け始めた段階で服用をやめてしまう事があるのです。

そうなってしまうと、ただ単に髪が抜けるだけ抜けてしまい、元の状態に戻すこともできなくなってしまうので、服用の際には必ず「髪が抜けても継続して服用する」というのを忘れないようにしましょう。

そうすることによって、服用して暫くの間は髪が抜けていますが、ある程度時期が経てば髪がまた新しく生え始め、頭全体に薄っすらと産毛や新しく成長し始めた髪が生えてきます。

女性は服用しないように

女性は服用しても効果がない

AGAは「男性型脱毛症」と呼ばれる脱毛症で、男性しか発症しない脱毛症です。

ですが、女性も「女性男性型脱毛症」と呼ばれる、AGAに非常に近い症状の脱毛症を発症する事があります。

ですが、もしそのような症状が現れた場合でも、プロペシアやフィナステリドを服用しないようにしましょう。

プロペシアやフィナステリドというのは「体内に存在しているAGAの原因となる男性ホルモンの生成を抑制する」という効果のある医薬品です。

その為、女性がプロペシアやフィナステリドを服用したとしても、そもそも体内に存在しているホルモン量自体が少ないため、殆ど意味が無いのです。

また、このプロペシアやフィナステリドの薬効は血液に乗って全身に行き渡るため、もし体内に子どもがいる場合、その子どもにも薬効成分が送られます。

そうなった場合、子どもに対してもフィナステリドの効果が効いてしまい、最悪の場合お腹の子どもがプロペシアなどのAGA治療薬に含まれる成分が原因で、発達異常を引き起こしてしまう可能性があるのです。

なので、もし女性で脱毛症に悩んでいるのであれば、別の治療薬を使用するなどの方法で治療を進めていくようにしましょう。

未成年が飲むと大変なことに……

ぱっと見ではわからない薄毛に悩んでいる学生

近年、未成年と呼ばれる年齢層の子どもの中にも「薄毛」などで悩む人が増えてきています。

原因は様々な物がありますが、それらの薄毛を治療する際にAGA治療薬であるプロペシアを使用しても問題ないかどうか……皆さんはどちらだと思いますか?

AGAの原因となる男性ホルモンが多く分泌されている未成年、もしAGAの原因となるジヒドロテストステロンも同時に生成されているなら服用しても……という風に思う人もいるかもしれませんが、実は「未成年はプロペシアを服用してはいけない」と言われているのです。

その理由として、一番大きなものに「メーカーが未成年に対してプロペシアを使用してはいけないと言っているから」です。

そもそもAGAというのは思春期と呼ばれる時期を終えた後に発症する症状のため、未成年はそもそもAGAを発症する可能性が非常に低いのです。

更に、一説によると「10代でプロペシアを服用すると、成長ホルモンが正しく分泌されなくなり、発育不全を引き起こす」という報告もされています。

その為、もし未成年がプロペシアを服用してしまうと発育不全などの症状が現れてしまう可能性があるのです。

なので、未成年で薄毛に悩んでいるのなら、まずは生活リズムの調整や生活習慣の改善など、投薬による治療以外の部分で薄毛を治せないかを試してみるようにしましょう。

男性としては致命的な副作用

EDになったことを告白する男

プロペシアは非常に強力なAGA治療薬ですが、この薬にはとても恐ろしい副作用が存在しています。

その副作用というのは、発症してしまうと人によっては薄毛以上の悩みになってしまうもので「性機能障害」です。

性機能障害の症状として、性的興奮を感じても勃起しにくくなる「ED」の症状を始め、睾丸痛や精子量の減少など、様々な症状が存在しています。

この副作用が現れる原因として、プロペシアを服用することによって内部の「フィナステリド」が体内の男性ホルモンの生成を抑制する事が関係していると言われています。

その為、プロペシアを服用してAGA治療を行っている人の中にはこのような性機能障害が起こってしまう人もいるのです。

ですが、この副作用が起こる人と言うのは非常に少なく、1%以下と言われています。

なので、プロペシアを服用して性機能障害になるのが怖いから、という理由でAGA治療を諦めること無く、まずは治療を始め、もしこのような副作用が現れた時には、泌尿器科などの性に関する症状を専門に扱っている病院に行き、専門医に相談を行う、治療用の薬を処方してもらうなどの方法で対策を行っていくようにしましょう。

また、人によっては「プロペシアを飲むとEDになる」と思いこむことによって、副作用が起こっていないのにEDになってしまう人も居ます。

そのような人は「飲むとEDになる」という不安から起こる「プラシーボ効果」と言うものが原因でEDになっているだけなので、過度に不安を持つこと無く、ダメなら病院に行けばいいや、というような軽い気持ちで服用を行ってみましょう。

プロペシアの購入方法

専門クリニックで処方を

専門クリニックで処方する医者

プロペシアを実際に服用してAGAの治療を行う際、多くの人は「AGAクリニック」と呼ばれるような専門クリニックに足を運ぶと思います。

このAGAクリニックというのは日本各地に存在しており、利用することによって薄毛治療を専門に行っている専門医の診察を受け、プロペシアなどの治療薬を処方してもらうことが出来ます。

ですが、このAGAクリニックというのは非常に高額な治療費が発生してしまう、というデメリットがあります。

AGAクリニックで「AGAかどうかを調べる検査」を行ってもらうだけでも、安い場所では0円で調査を行ってくれる場所もありますが、高額な場所では1回の検査で数万円がかかってしまう場合もあります。

そして、実際に治療を始めた際にかかる費用も非常に高く、安価なクリニックでも1ヶ月で約15,000円前後、高額な場所になると1ヶ月で約140,000円近いお金が掛かる場所もあるのです。

更に、治療は非常に長期間に渡って行っていくことになるので、実際に治療を始めた際にかかる費用というのは非常に高額になります。

なので、クリニックを利用する際には「どこで治療を行うのか」「幾らまでなら出せるのか」というのをしっかりと自分の中で把握しながらクリニック選びをしましょう。

海外から仕入れる

個人輸入代行で購入する男

AGA治療の方法として、多くの人はAGAクリニックと呼ばれる専用のクリニックを利用して治療を行いますが、中には「そこまで高いお金は支払えない」という人も中にはいます。

そのような人がAGA治療を行う際に、どのような方法で治療を行っていけばよいのか……その方法というのは「個人輸入代行」という方法を利用し、海外からAGA治療薬を輸入してくるという方法です。

この方法というのは、本来AGAクリニックに行って診察を受ける事によって処方してもらえるプロペシアのようなAGA治療薬を、海外の製薬会社や薬局から直接仕入れ、病院に行かずに治療薬を手に入れる、という方法です。

この方法を利用することにより、非常に高額なAGAクリニックの利用費用を支払うこと無く、薬の購入費用のみでAGAの治療を勧めていくことが出来るのです。

ですが、その分薬を服用するとどのような事が起こるのか、どのようにして服用するのか、副作用としてどのようなものが存在しているのか、というような知識をしっかり頭の中に入れておく必要があるので、利用する際には少々注意が必要となります。

しっかりとした診察を受けよう

しっかりとした診察を受けることを訴える医者

AGAクリニックを利用する際には非常に高い利用費用が発生してしまう、というようなデメリットも存在していますが、もちろんメリットも同じように多数存在しています。

まず最も大きなメリットとして「安全に治療を進めることが出来る」という点があります。

プロペシアは服用することによって性機能障害のような副作用が現れる事があります。

もちろん、それ以外にも大小様々な副作用が存在していますが、AGAクリニックを利用した場合にはどのような副作用があるのか、というのをしっかりと医師から教えてもらうことが出来ますし、何か起こった際にはクリニックに行って相談を受ける事が出来る、という精神的安心感を持ちながら、AGA治療を進めていくことが出来るのです。

また、仮にプロペシアが自分の体に合わなかった場合にはそれ以外の治療薬を利用することも出来るため、確実にAGAを治療することが出来るようになっているのです。

なので、治療に利用できる予算がある程度あり、確実にそして安心してAGAを治療したい、という風に思っているのであればクリニックを利用するのが良いでしょう。

いつでも安価に購入可能

気軽にスマホサイトで購入している男

AGAクリニックを利用せず、個人輸入代行という方法を利用してAGA治療薬を購入するメリットの中でも特に大きなメリットとして「安く買える」というものがあります。

通常のAGAクリニックであれば、診察にかかる費用だけで1ヶ月に数万円ものお金がかかりますが、個人輸入代行を利用して海外からプロペシアなどを購入すれば、AGAクリニックで処方してもらえるプロペシアと同じものを、診察費を1円も支払わずに購入することが出来ます。

更に、個人輸入代行を利用すればプロペシアをベースに開発された「ジェネリック医薬品」と呼ばれる非常に安価な治療薬を購入することも出来ます。

このジェネリックを利用すれば、薬代を通常のプロペシアを購入する際に支払う料金の半分以下に抑える、ということも可能となっています。

更に、AGAクリニックの場合はクリニックの営業時間や休業日なども存在しているので、利用したいと思った時にすぐに利用できない、というデメリットが存在しています。

ですが、個人輸入代行であれば24時間365日いつでも注文が出来るため、ほしいと思った時に注文手続きを行う事が出来るのです。

なので、もしAGA治療にかかる費用を可能な限り抑え、自分の治療したいようにAGA治療を進めていきたい、という風に思っているのなら、個人輸入代行を利用できる通販サイトを利用しての薬の購入、というのが最も良い選択ではないでしょうか。

ジェネリックとは

ジェネリック医薬品

AGA治療薬の中にも存在している「ジェネリック医薬品」と言うものですが、これについて詳しく知っている人というのはそこまで多くなく、居たとしても「テレビのCMでジェネリックを買おう、と言っていた」という程度の認識の人がほとんどです。

このジェネリック医薬品というのは、昔から病気治療に利用されている「先発医薬品」と呼ばれる薬の成分や薬効、副作用なども含めた全ての効果を忠実に模倣して作られた「後発医薬品」と呼ばれるものです。

通常の医薬品の場合、開発過程で何度も実験を行いながら制作を行っていく必要がありますが、ジェネリックの場合は既に実験された薬を模倣して開発されているので、完成後に行う実験や販売しても良いかどうかを調べる検査など、必要最低限の実験と検査のみで作成することができ、その分コストもガクッと下げる事が出来ます。

なので、模倣基の先発医薬品よりも安価に発売する事が出来るのです。

そして、このジェネリック医薬品は「個人輸入代行」という方法を利用した通販によって、様々な薬を手に入れることが出来る、という特徴があります。

その中にはAGA治療薬も含まれており、AGA治療も非常に安価に進めることが出来るため、もし安価に薬を手に入れたいのなら、ジェネリックを通販で購入してみましょう。

プロペシアのジェネリックを買おう

フィンペシア

個人輸入代行を利用した通販によって購入できるジェネリック医薬品の中には「プロペシア」を基に開発された医薬品も存在しています。

これらの薬というのは非常に多く存在していますが、その中でも特に有名なものに「フィンペシア」「フィナロ」「フィナバルド」などの薬が存在しています。

これらの薬はどれも通常のプロペシアの購入価格と比べても安く購入することができ、効果も通常のプロペシアと同じく、服用することによってAGA治療を進めていくことが出来るようになっています。

その為、AGA治療を行う際に発生する非常に高額な治療費を支払うことに抵抗を感じている、もしくは治療費を捻出できないから治療を諦めている、というのであれば、このような安価に購入できるAGA治療薬を購入し、自分の中にあるコンプレックスを解消していきましょう。

おすすめの記事

プロペシアのパッケージ

AGA治療薬とその効果

AGA治療薬・育毛剤の種類と効果

薄毛になってしまった男

AGAになってしまったら

AGAの原因と症状、治し方

魅力あふれる薄毛男性

恋愛に薄毛なんて関係ない!

薄毛でも女性にモテる方法

抜け毛が気になっている男

抜け毛の原因を防げ!

抜け毛の原因と予防する方法