TOP > AGA治療薬とその効果

AGA治療薬・育毛剤の種類と効果

体内でホルモンを抑制する

プロペシアのパッケージ

AGA治療に利用される「AGA治療薬」と呼ばれる育毛剤には非常に多くのものが存在していますが、その中でも特に有名で多くの人が利用しているものといえば「プロペシア」でしょう。

このプロペシアというのは非常に古くから存在しているAGA治療薬で、服用することによって体内でAGAの原因となる「ジヒドロテストステロン」という男性ホルモンが作られるのを抑制します。

そうすることによってAGAの症状を緩和していき、ジヒドロテストステロンが原因で成長が止まっていた髪が再び成長し始め、今までのように髪がきちんと生える状況を作ることが出来るようになっています。

そして、このプロペシアの成分を基に作られた「ジェネリック医薬品」と呼ばれるものの中に「フィンペシア」というものがあります。

このフィンペシアはプロペシアの成分や薬効などを忠実に模倣して作られているので、服用することによってプロペシアを使用したときと同じような作用が起こり、AGA治療が行えるのです。

その為、プロペシアを使用してAGAを治療したい、でもお金が……と悩んでいる人は、フィンペシアを利用して安価に治療を進めていく事もできますし、予算に余裕がある人はコピー元であるプロペシアを購入し、治療を行う事が出来るのです。

薬のネット通販サイト

育毛効果に期待大

ロゲインのパッケージと中身

プロペシアと同じように、非常に多くの人が利用しているAGA治療薬に育毛剤の「ロゲイン」というものがあります。

このロゲインとプロペシアの大きな違い、それは「育毛効果の有無」です。

プロペシアは服用することによって、体内に存在しているAGAの原因となるホルモンが作られるのを抑制する事ができます。

ですが、あくまで「ホルモンが作られるのを抑制」するだけであって、実はプロペシア単体に髪を生やす効果、つまり「育毛効果」は存在していないのです。

しかし、ロゲインは主成分となっている「ミノキシジル」と呼ばれるものが頭皮の毛細血管を拡張させていき、髪の成長に必要な血液や養分を頭皮中に行き渡らせ、髪の成長を促す事が出来ます。

つまり、ロゲインを始め「ミノキシジル」という成分が入っているAGA治療薬は「育毛効果がある」のです。

更に、ミノキシジルはプロペシアに含まれるフィナステリドと同じように、ジヒドロテストステロンが体内で生成されるのを抑制する効果があります。

なので、このロゲインはプロペシアの良い部分に+αの効果を期待できる、ということもあり、非常に多くの人がこのロゲインを始め、主成分となっている「ミノキシジル」が含まれている育毛剤を利用し、AGA治療や薄毛の治療を行っているのです。

錠剤でより効果的に

ミノキシジルのパッケージ

AGA治療に利用される育毛剤の中でも、特に多くの人が利用している「ロゲイン」ですが、この中に含まれている「ミノキシジル」という成分がAGA治療や育毛に対して非常に効果のある成分となっています。

そして、このミノキシジルはなんと昔は「降圧剤」と呼ばれる、高血圧の人が血圧を低下させる際に服用していた医薬品なのです。

そして、このミノキシジルは「経口摂取によってより効果が高くなる」という特徴がある為、ミノキシジルの効果をより強く実感したい、という人は「ミノキシジルタブレット」と呼ばれる経口摂取型のミノキシジルを服用しています。

効果は通常のミノキシジルと同じように、体内で生成される「ジヒドロテストステロン」という男性ホルモンの生成を阻害することによってAGAの症状を緩和し、毛細血管の拡張によって育毛させる、というようなものです。

ですが、ロゲインのような頭に塗布する育毛剤では無く、経口摂取を行う種類の治療薬のため、ロゲイン以上の育毛効果が見込めるとされているのです。

なので、もしより強い育毛効果とAGA治療効果を求めているのであれば、一度ミノキシジルタブレットを服用してみましょう。

原因物質を確実に抑制する

ザガーロのパッケージ

プロペシアと同じようなメカニズムでAGA治療が行える薬に「ザガーロ」という治療薬が存在しています。

このザガーロというのは、プロペシアと同じように服用することによって体内に存在している「ジヒドロテストステロン」という男性ホルモンの生成を抑制することが出来る医薬品なのですが、このザガーロにはある特徴があります。

その特徴というのは「5α-還元酵素の動きを全て抑制する」というものです。

ジヒドロテストステロンが体内で作られるためには、男性ホルモンである「テストステロン」が体内に存在している「5α-還元酵素」というものと結合する必要があり、AGA治療薬はこの5α-還元酵素の働きを抑制することによってジヒドロテストステロンが生成されないようにするのですが、この5α-還元酵素には「1型」と「2型」の2種類のものが存在しています。

AGAの原因となるのは2型と呼ばれており、プロペシアの主成分である「フィナステリド」はこの2型の活動のみを抑制しているのですが、ザガーロの主成分である「デュタステリド」はなんと1型も2型も、どちらも活動を抑制することが出来るのです。

1型の5α-還元酵素はAGAと直接関係のないと言われており、1型の活動を抑制することがAGAの症状進行をどのように抑えるのか、というのは具体的に分かっていませんが、ザガーロは服用後の育毛効果がプロペシアの1.5~1.6倍ある、という検証結果が存在している為、ザガーロはプロペシア以上の育毛効果とAGA治療効果があると言われています。

薬のネット通販サイト